HOME法華経の教え > 回向
法得寺 | 法華経の教え 回向


回向(えこう)とは

日蓮聖人は、師である道善房が亡くなった時、自分が今までの生涯で積んできた一切の功徳を回して、道善房の追善菩提に資しようとされました。 また法華経の功徳により母親を餓鬼道より救ったとも言われています。

私たち生きている者が積んだ善行による功徳を、亡くなられた方へ送り届け、死後の成仏を祈ること、つまり「ご供養」のことを「回向」と言います。
仏教では、お経をあげ、その恩に報いる行為(善行)が、必ず自分自身に良い結果として巡ってくる(回向)と説いています。

私たちが授かる“ご縁”の中で、一番近いのは親やご先祖様です。この世に自分が存在していることへの感謝の気持ちを忘れずに、ご先祖供養を行いたいものです。

輪廻転生の苦しみ

仏教の「死後の世界観」は基本的にインド人の考えたものです。
古代インド人は、現世を、天・人間・修羅・畜生・餓鬼・地獄という6つの世界に分類しました。
この6つの世界を"六道"と呼び、全ての世界が苦痛であるとしました。
死後、人は六道のいずれかに再生しそこで苦しみ、また生まれ変わり死に変わりして輪廻転生を続け、苦しみを繰り返す…。つまり永遠に苦しみを続けなければならないと考えられていました。。

苦しみからの解脱

そこで仏教では、その苦しみの世界から抜け出すために、輪廻転生への執着を断ち切って六道から完全に脱出することを教えました。
六道から脱出することを「解脱(げだつ)」と呼び、解脱した状態を「涅槃(ねはん)」と呼びます。
釈迦は、死後の世界や霊魂の有無など、経験も論証も不可能な問題を「無記(むき)」として退け、それらの問題を考えることよりも、人の生きるべき真実の道を明らかにすべきであると教えました。

ご先祖様へのご供養を通し、今を生きる私たちが何をするべきか、どう生きてゆくべきかを一度考えてみてはいかがでしょうか。
法得寺は、皆様のご葬儀、ご法要のお手伝いをさせていただきたいと考えております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

葬儀・法要のご案内
当山は日蓮宗のお寺で法華経で供養しますが、宗旨・宗派は問いません。檀家の方はもちろん、どなたでも葬儀・法要を執り行うことができます。

通夜・葬儀
    準備中です。しばらくお待ちください。

初七日法要・四十九日法要
    準備中です。しばらくお待ちください。

【ご利用時の注意事項】
  • お通夜は午後9時頃消灯とさせていただきます。
  • 防火管理上、消灯後のお燈明(ローソク)は禁止されております。
  • 建物、器具、備品類等の破損、火の元の不始末による火災等は、場合によりご利用者に実費をいただくことがございますので十分ご注意ください。
  • 貴重品、香典の紛失等に関しましては一切責任を負いかねますので各自で保管してください。
  • 駐車場における事故・盗難等に関しては一切責任を負いかねますので十分ご注意下さい。
  • その他ご利用に際しましてはお気軽にお問い合せ下さい。

その他詳細はお寺までご相談ください。(06-6702-7373)

▲ このページの一番上へ